『ペンギン・ハイウェイ』 を観てきた

投稿者:

8月18日初稿、時間のあるときにちゃんと追記したい。

8月17日、『ペンギン・ハイウェイ』を観た。

個人的にはそんなに期待した作品ではなかったのだが非常に楽しませてもらった。

出来るだけネタバレをしたいように感想を書きたい。

ある日、突然町中に現れた謎のペンギンの群れ、そのペンギンの謎を解明しようとする主人公で研究熱心なアオヤマくんとその友達たち、そしてアオヤマくんが憧れているお姉さんを中心に描かれる、最近珍しいジュブナイル作品となっている。

原作が森見登美彦で、わたし自身は森見登美彦作品はアニメ化されたものしか知らず『四畳半神話大系』や『夜は短し歩けよ乙女』、『有頂天家族』しか知らないのだがすべて大好きな作品だ。

事前情報なく森見登美彦原作、主題歌宇多田ヒカルということしかで観に行ったので上に挙げたような摩訶不思議なファンタジーなのかと思いきや、イイ意味で裏切られた。

不思議な世界観は残しつつSF感もあり、少年の成長も感じられるジュブナイル、森見登美彦ファンの方には怒られるかもしれないが「こんな作品も書けるのか」と感じた。

オタクも一般人も子供から大人まで楽しめるだろう(子供向けではないので小さい子供には向かないかも)

2018年もまだまだ残っているが、わたし個人的な意見では今年一番のアニメ映画になるのではないかと思っている。

以下、駄文
主人公のアオヤマくんのショタっぷりが凄くかわいい、大人ぶってるアオヤマくんの大人ぶってる感じがもう凄くいい。
声優は北香那さんという方らしいが、失礼ながら全く存じない人だったのだがいいショタ声を披露されていた。
アオヤマくんの友達のウチダくんは典型的な丸メガネショタで更に声優が釘宮さんで良かったです。
劇場版映画では声優が軽視されることが多いですが全体的に凄くいい声優陣だった。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。